雪を楽しみ、木を慈しみ、人を愛して(妙高市/新築)

雪を楽しみ、木を慈しみ、人を愛して(妙高市/新築)

妙高山のふもと、景観が素晴らしい土地に建築した2世帯住宅です。
外観は落ち着きあるシックな色で、重厚間あふれる建物になっています。

下記サムネイルをクリックすると拡大表示します。

◎ 設計士コメント

 妙高高原町ということで、第一に雪と上手に付き合っていく事を考慮し、除雪作業を少しでも軽くする為、屋根と駐車スペースには融雪設備を設けました。1階 部分は鉄骨造りです。これは鉄筋コンクリート造と違い内壁を必要としないので、内部をより広く有効活用することができます。
 また、高床式の住宅なので老後の階段の昇り降りを考え、車イス対応型ホームエレベーターを設置しました。
 浴室は湯船につかって妙高山をながめられるように窓を配置し、贅沢なリラックス空間になっています。