伝統の薫り漂う 古民家再生(妙高市/新築)

伝統の薫り漂う 古民家再生(妙高市/新築)

 外観は寄棟の瓦屋根とし、外壁は杉の南京下見、軒下は漆喰仕上げとしました。シンプルながらも風格のある堂々とした外観となっています。
 時代の流れや生活スタイルの変化などにより、住む人がいなくなった民家も少なくはありません。信越工業では、これらに積極的に新しい命を吹き込んで再生する仕事をおこなっています。

下記サムネイルをクリックすると拡大表示します。

◎ 設計士コメント

 一般的に『古民家再生』とは古くなって住みにくくなった住宅を、古材を伝統的な工法で生かしながら、時代にあった新しい命を吹き込むことです。伝統的な 空間を残しつつ、台所・浴室などを現代生活にあわせて改善し、間取りもプライベート確保のために工夫を加えました。断熱や明るさも検討し「寒くて暗い」と いう古民家を、より住み良く再生移築する事ができました。